目指したのは旅館の趣。
駅舎を望む和モダンの家

新潟市 S様邸

目指したのは旅館の趣。  駅舎を望む和モダンの家

外観も内装も、ダークブラウンを基調としたシックな雰囲気が印象的なS邸。

「家づくりのテーマは旅館風。和の趣を大切にしたモダンな空間を目指しました」とご夫婦。

1階には、美容サロンを兼ねたアトリエを設計。窓に目をやれば、駅舎を望む景色がゲストを和ませてくれます。一方、LDKは2階に配置し、落ち着いた色合いと開放感たっぷりの癒やしの空間が完成。窓からは行き来する電車を眺められ、「カウンターテーブルでコーヒーを飲みながら、行き交う人や電車を見送るのが朝の日課になりました」(ご主人)。
ゆったりと落ち着いた空間に心地よい時間が流れるS邸。念願だった旅館の趣が感じられる、理想の住まいが完成しました。

モダンな和風旅館をイメージしたLDK。随所に塗装した木を現して、落ち着いた印象に仕上げた。「リラックスして過ごせるお気に入りのLDKです」(ご主人)。

「照明や塗装の絶妙なブラウンなど、レトロな雰囲気が気に入ってます」(ご主人)。

目指したのは旅館の趣。  駅舎を望む和モダンの家

Photo Gallery

  • 美容サロンとしても機能するアトリエは、広いウッドデッキに面した空間。壁をホワイトと木目調に張り分け、落ち着いた雰囲気に仕上げた。

  • アトリエから出入りできるウッドデッキは、駅舎を望む場所。「この景色を眺めるようになって電車が好きになりました」(ご主人)。

  • リビングの一角には畳スペースを設け、家族で過ごすくつろぎのひとときを演出。「村杉温泉にあるお気に入りの旅館をイメージしました」(奥様)。

  • 小屋裏には大容量の収納スペースを設計。約10畳の広さがあるので、生活空間に出しておきたくない物をたっぷり収納できる。

  • 切妻造りの屋根と、ダークブラウン×ベージュの組み合わせの外観。和とモダンがマッチしたシックな雰囲気に。